この頃、新入社員の方はビジネスメールの作成で悩まれる方もいるのでしょう。
 LINEやInstagram、Twitter等の限られた文字数の文章には慣れてはいても「メール」には慣れていないのかもしれません。
 相手の心を動かすにはビジネスメールもラブレターもさほど違いはないとは言われていますが、だからといって短くて分かり易い文章でのラブレターを貰っても白けてしまえば、想いがぎっしり詰まっている長文の気持ちを貰っても困惑する方もいるでしょう。
 分かり易く良い文章とは
 簡⇒簡潔な文章
 明⇒分かり易い文章
 短⇒短い文章
 薄⇒1枚でひと目で分かる文章
 もうひとつ欠かせないものは「心」です。
 相手が知りたいこと、相手が気がついていないことを明確に知らせることが大切でお互いの立場を尊重した公正な文章が大切です。
 私自身もビジネスメールの作成時には少し時間が掛かることもありますが、ビジネスメールにはある程度の基本の流れは決まってはいますので、この流れをつかめば場面が違っても応用は出来るでしょう。